本文へスキップ

札幌市の子供に優しい小児歯科

電話でのお問い合わせは011-242-1182

〒060-0034 札幌市中央区北4条東2-8-2-2F

小児歯科

お子様の歯科検診は、上下の前歯(上4本、下4本)が生えそろった1歳からはじめることが望ましいです。小児歯科 札幌
小児歯科では、以下の内容を行います。

  1. 虫歯の診査及び処置
  2. ブラッシング指導
  3. 虫歯予防の処置(フッ素塗布・シーラント等)
  4. 舌・頬・唇・口蓋の診査
  5. 咬み合せの診査

虫歯の診査及び処置

 通常3〜4ヶ月毎の定期検診にて、お子様の歯、舌、唇、頬など、お口周囲の診察と虫歯予防のフッ素塗布を行います。
 検診では、お子様の歯とお口周囲のことでご心配なことがあれば相談をお受けしますので、どの様なことでもお気軽にお尋ねください。

ブラッシング指導

小児歯科 札幌  お子様ご自身で上手に歯磨きができる様に、ブラッシングトレーニングを行います。また、親御さんへも、お子様へのブラッシング法を丁寧に指導させて頂きます。
 幼少期から正しいブラッシング法を身につけておくことは、お子様の将来に非常に大きく影響します。
 ぜひ、大切なお子様の健康のために、歯の衛生管理についての知識とブラッシング法を身に付けてください。

虫歯予防の処置

フッソ塗布

 現在、アメリカやオストラリアなどの世界各国の多くの自治体で、フッ素の化合物(フッ化物)を上水道中に添加し、多数の住民を対象として虫歯を予防しています。
 つまり、フッ素は虫歯予防に効果があると認められているため、世界の先進国ではこの様にフッ素を取り入れて国民の虫歯予防をしています。
 一方、日本では健康保険制度が充実しているため、虫歯になっても健康保険を使って、安価に虫歯の治療ができるため、虫歯予防に対する対策が非常に遅れていると言えます。
 一度虫歯になってしまったら、大切な歯を削らなければならなかったり、最悪の場合は歯を抜かなければなりません。その様な事態にならない様、日頃から虫歯にならない様に、歯のメンテナンスをしてあげてください。
 歯が生え始めた頃(1歳半頃〜14歳頃)から、3〜4ヶ月に1回のフッ素塗布を行っていくことで、虫歯になりにくく、強い歯が形成されます。
フッ素には以下の通りの効果があります。

  • 歯質を強化して虫歯になりにくくします
  • 初期の虫歯に対して、再石灰化を促し修復する
  • 抗菌作用および抗酵素作用により虫歯菌の活動を抑制する
  • エナメル質を強化するため、酸から歯を解けにくくする

定期的にフッ素塗布を行いましょう!

シーラント

シーラント 小児歯科 虫歯予防  歯ブラシが届きにくく、ブラッシングだけで完璧に汚れを取ることが難しい奥歯は、虫歯になりやすいため、シーラントという虫歯予防を行います。
 シーラントとは、奥歯の溝を特殊なプラスチックで埋める虫歯予防法です。プラスチックを埋めることで、食べカスが詰まりにくくなるため、必然的に虫歯を予防することになります。
 このシーラントは、小児歯科においてフッ素塗布と同様、非常に有効な虫歯予防法とされており、シーラントをされたお子様の虫歯発生率は、そうではないお子様と比べて低いというデーターがあります。
 ただし、日々の磨耗や噛み合せなど様々な要因により、シーラントがとれてしまうことがありますので、定期検診の際に、併せて診査していきます。

定期的にシーラントのチェックをしてもらいましょう!


インプラント専門サイト
審美歯科・ホワイトニング・歯列矯正 専門サイト
歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎 専門サイト
ザ・プレステージスマイル【会員制歯科治療】
facebook
札幌市すまいる歯科公式LINE@のQRコード