本文へスキップ

札幌市の歯周病治療に力を入れている歯科医院

電話でのお問い合わせは011-242-1182

〒060-0034 札幌市中央区北4条東2-8-2-2F

歯周病治療

歯周病とは?

歯を失う原因  歯周病とは、歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって起こるお口の中の病気です。
 歯と歯肉の間に付いた歯垢から、歯の根っこにそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている歯肉(歯ぐき)と骨を溶かしてしまい、最終的には歯を失ってしまいます。
 この怖い歯周病は、歯を失う最大の原因であり、統計によると35歳で80%以上の人が歯周病になっているそうです。
 しかし、ほとんどの方は、自分が歯周病であることを自覚しておらず、歯ぐきからの出血といった、症状が出てから歯科医院に診察を受けに行きますが、既にこの様な症状が出ているときは、かなり悪化した状態です。
 歯周病に気付かずに、将来的に歯を失ってしまうという最悪な事態にならないためにも、日頃から丁寧な歯磨きと定期健診を行うことが大切です。

歯周病になってしまったら

 歯周病(歯槽膿漏)になってしまった方、または歯周病(歯槽膿漏)の治療を受けて一時的には良くなるけれどまた再発してしまうという方へ、当院では、最新歯周内科治療および、根本的歯周リスク除去システム[トータルヘルスプログラム]を行っています。

トータルヘルスプログラム

最新「歯周内科治療」とは?

  • 位相差顕微鏡検査 [詳細]
  • 細菌検査 [詳細]
  • レントゲン検査
  • 口腔内検査
 これらの検査を行い、歯周病に関与している『菌』を特定します。 そして、その菌に効果のある内服薬を内服して治療します。
 同時に、口腔内の環境改善のため歯石除去ならびにPMTC(プロフェッショナルな専門家による、専門機器(専門器具)を使った歯とお口の中のクリーニング)を徹底的に行ないます。
そうする事によって、いち早くバイオフィルムが除去され、関与細菌が減少します。

位相差顕微鏡検査

位相差顕微鏡検査 お口の中には300種くらいの口腔常在菌が存在しています。
その中で歯周病を悪化させる菌を位相差顕微鏡を使って観察する事によって、治療方法を選択します。

患者さんから採取した口腔常在菌を、テレビモニターを通してご覧頂くことで、歯周病が細菌の感染による疾患であることが、視覚的に実感できます。

細菌検査

細菌検査  バナぺリオという機器を使って、お口の中の細菌の量を計測することによって治療方法を選択します。
 また、治療前と治療後に、細菌検査を行なう事により、どの程度効果があったかを実感して頂けます。
 難治性歯周病の場合は、バナぺリオ検査よりも正確な菌の種類および量を測定できるPCR細菌検査を実施しております。それにより、歯周病に関係している菌を特定することができます。


インプラント専門サイト
審美歯科・ホワイトニング・歯列矯正 専門サイト
歯周病・歯槽膿漏・歯肉炎 専門サイト
ザ・プレステージスマイル【会員制歯科治療】
facebook
札幌市すまいる歯科公式LINE@のQRコード